あふネットサポートセンター、タイムケア

パーツ

あふネットサポートセンター

●在宅介護
 地域でひとり暮らしをされている方、家族といっしょに暮らしておられる方へ、身体介護、家事援助、重度訪問介護、通院介護、視覚障がい者向けの同行援護などの支援を行います。

●移動支援
 平日は学校やスクールバス停の送迎、土日祝日などは買い物やレクリエーション、散歩などの支援を行います。グループで出かけることもよくあります。

障がい児タイムケア(日中一時支援)おぐのあかり

おぐのあかりは、小学生から高校生までの様々な年頃の子どもたちや、異なる学校の子どもたちが集う楽しい場所です。(障がい児タイムケアは荒川区の制度で、荒川区民が対象です。)
遊びやお手伝い、レクリ工ーション等を通じて、楽しくアットホームな環境で過ごしていただけるようにつとめています。

外観

3階建て建物の外観です。
1階がタイムケアです。2,3階がグループホーム(障がいの方の住居)です。

内部


おぐのあかりの1階のタイムケアルームです。
(小上り、テーブル等のレイアウトは適宜変更しています。)

重度身体障がい者グループホーム おぐのあかり

当グループホームは男性2人、女性3人の計5人が入居しています。2007年1月に開設しました。
ここでのモットーは「入居者の個性と意思の尊重」です。 みなさんが今まで暮らしてきたスタイルを大切にしつつ、さらなる生活の質の向上を目指して、日々試行錯誤を繰り返しています。

ケア付障がい者共同住宅 スマイルおぐ

6名が入居しています。2011年4月に開設しました。
理念のひとつでもある健康づくりを心がけています。そのための健康管理や環境づくりに注意しています。それを踏まえたうえで、休日は外出活動を「ホリデープロジェクト」と称して積極的におこなっています。おぐのあかりや外部の人たちと交流しながら企画ができることはスマイルおぐの大きな特徴だと思います。
パーツ